太陽光発電サポーターメイン画像

太陽光発電システムに使われるシリコンは、純度によってその価値が変わります。

太陽光発電と半導体

基本的に、太陽光発電システムの太陽電池部分には半導体を使っています。

現在、最も普及している太陽電池はシリコンでありますが、半導体の特徴として、不純物の濃度によって導電率が大きく変わるのが特徴であり、不純物の濃度を意図的に変化させる事により、用途に合わせた半導体の作成ができるのであります。

簡潔にいうと、必要に応じて電力の伝えかたを変化させる事ができるという事です。

例えば、コンピューターなどに利用されるICチップなどは、極限まで不純物を取り除き、99.999999999%まで純度を上げる必要があります。

そして、太陽光発電のシステムに利用されるシリコンであれば、99.99999%の純度が必要とされています。

基本的に純度が高いシリコンほど開発にコストがかかり高価になりますので、純度が高い上に一定量以上のシリコンが必要になる太陽光発電システムは高価なものなのです。

しかし、現在でもシリコンよりも安価な上で導電率がよい素材が研究されていますので、実用段階になれば、太陽光発電システムの値段も格段に下がると予想されます。